この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

副業を実際にやってみよう

自営業のような自分ですべてを行う副業

ブログでのアフィリエイト収入やクラウドソーシングのような仕事は全て自分で行う仕事です。
ブログの収入とはアフィリエイトサイトに登録して閲覧数や広告のクリック数、広告からの購入数に応じて収入が得られる方法です。
ブログだけで生計を立てている人がいるくらい、成功すれば多くの収入を得られる事業です。
この場合1つの記事を書いていくらもらえるということが決まっているわけではありませんし、書いてすぐに収入が得られるわけではありませんが過去に書いた記事が何度も読まれていれば副業を出来ない時期があっても副収入が得られる、いわゆる不労収入となってくれる可能性があります。
クラウドソーシングは、仕事の受注から納期や金額なども発注者と受注者が相談して決めることができます。
ただし本当に大事な仕事だったり高度なスキルが必要な場合は、対企業に依頼することが多いため単価の高い案件を受注することは難しいです。

委託してもらって仕事をもらう仕事

ウェブライターやウェブデザイナー、プログラミングの仕事を個人受注するのではなく企業と委託契約を結んで受注する方法があります。
この場合、発注者と企業がやりとりをしてくれるため事務作業の煩雑さがなくなり、作業に集中できるというメリットがあります。
実際に発注者が支払う報酬の一部が作業報酬として支払われますので、一見損しているようにも感じられますがクラウドソーシングで個人受注するよりは案件数が多かったり、単価が保証されているため安定した収入に繋がりやすいです。
ただし、劇的に収入をあげることやここから独立していくことを目指すようなことは難しいです。
あくまでも副業として副収入を得ていきたい、継続して副業をしていきたいという場合にお勧めです。